埼玉県議会議員

かねこ勝さんへインタビュー

1.自分の理想する社会  私の理想社会は市政という枠組みについて言えば、市民が公平に安心して心豊かに暮らせる社会、自分がここに生まれ、育って良かった、自分にとって大切な人にここでの生活を推奨できる町が理想です。
2.自分の欠点:ちょっとおちょこちょい
3.自分の気に入っている所持品:どこでもすいすい走ってくれるワゴンR
4.趣味:ゴルフ。なかなか上達しませんが、青い空、緑の大地でプレイ出来る日のゴルフは最高です。
5.自分の自慢話:学生弁論大会で二度の学生チャンピオン
6.尊敬する人物:無私、無欲で人に接し、事に当たれる人を尊敬します。
7.自分が不満、怒っていること:駅前のタバコ、紙くず等のポイ捨てが改善されないこと。電車の中で、股を大きく広げて腰掛て平気でいる人。
8.好きな食べ物:しゃぶしゃぶ
9. 若い頃考えていたこと:人が喜ぶ仕事をしたい。両親が喜ぶことを一つでも多くやりたい。多くの人が感動し涙する小説を一冊でいいから書いてみたい。多くの人に感動を呼ぶ曲を一曲でもいいから書いてみたい。
10.自民党について:戦後日本の再興を牽引した政党として評価したいと思いますが、よく言われる長期間にわたって政権与党であり続けることから来る弊害が近時、顕在化し、国民の支持を失ったように思います。もっとフレッシュな党へ生まれ変わることを期待。
11.民主党について:議会制民主主義が健全に機能していく有効な手段の一つに二大政党制があると考えます。従い先に政権交代が実現した際には、日本政治が変わるのではないかと大いに期待をしました。しかし、その後の党内構想や無責任な政権運営には正直、がっかりさせられています。
12.共産党について:従来とは随分と違った政党に変身したと感じています。更に現実的で柔軟な路線へ歩みを進めると国民の支持はもっと拡がると考えます。
13.私の前の仕事:銀行に21年勤務。その間、2年間総合商社の伊藤忠商事に出向。
決算、財務分析等の勉強が積めたことは大変大きな収穫でした。また、大企業から中小零細企業にいたるまで多くの企業の経営者と知り合い、経営にかかわる生の声を聞くことが出来たのは実に有意義でした。総合商社では環境ビジネス携わりましたし、視野が世界に広がったことは貴重な経験でした。
トップページに戻る